【北海道限定】話題の美容室

掲載店募集

セラミド|美容辞典

セラミドって何?

皮膚の表面には、丈夫なたんぱく質でできた角質層があります。この角質層の細胞と細胞の間にあるのが”セラミド”と呼ばれる脂質です。セラミドは、新陳代謝の過程で作られる「細胞間脂質」で、約30%の水分を抱え込み、細胞と細胞を糊のようにつなぐ働きがあります。みずみずしくしっとりとした肌には、セラミドが豊富にあり、角質層の潤いを保っています。さらに、水分を逃さないように、皮膚の表面は皮脂膜でおおわれています。この二つの作用が整って初めて、潤いある肌は保たれるのです。
一方、アトピー性皮膚炎など乾燥しやすい肌は、セラミドが少ないことがわかっています。また、加齢によってもセラミドが減少しはじめ、汗をかかない季節になると角質層がめくりあがり、表皮から水分が蒸発しやすくなっています。
セラミドは表皮の健康を保つ、いわばバリアの働きをしています。表皮が健康な状態であれば、皮膚の水分も失われにくく、また外からの刺激やダニ・ほこりなどの抗原(アレルギーの原因になるもの)は、皮膚のなかに入ってこれません。ところが、アトピー性皮膚炎の人の皮膚は、もともとセラミドが少ないという特徴があります。そのため、バリア機能が低下して、皮膚内部から外へ水分が失われやすく、皮膚が乾燥し抗原が皮膚内に入りやすいのです。抗原が表皮に侵入すると、アレルギー反応が起こり、皮膚にさまざまな炎症が起きます。
アトピー性皮膚炎は、いわば「異常乾燥肌」といえます。ですから、治療では皮膚の炎症を抑える薬物療法とともに、表皮の乾燥を改善し、バリア機能を高めるスキンケアがとても大切になります。

“セラミド”は私達の皮膚に潜在する皮脂成分のひとつ。

角質細胞間脂質

・皮膚のバリア機能
・この中の約50%がセラミド
・セラミド不足→アトピー性皮膚炎

髪にも”セラミド”がある事をしっていますか??

“セラミド”の大きな3つの機能

髪しっとり艶やか・・・・・セラミドを配合した優れものシャンプーはこちら

  • プレゼント
  • 掲載店募集
クーポンについて 掲載店募集
ページトップへ